ホーム > ニキビの原因 > 顔ダニがニキビの原因か

顔ダニがニキビの原因か


どんな人の顔にもいると言われる顔ダニ。
ニキビの原因になるという説もありますが、基本的に顔ダニがニキビの直接の原因ではありません。顔ダニは基本的に無害なので、ニキビケアをきちんと行っていれば、顔ダニがニキビの原因になることはありません。
逆に顔ダニは顔の皮脂を食べてくれるので、ニキビを防いでくれているのです。
 
では、なぜ顔ダニがニキビの原因と言われるようになったのでしょうか。
まずは顔ダニの死骸や排泄物が肌に溜まると毛穴がつまりニキビの原因になる点です。生き物であるため、排泄物などは仕方がありません。
それを私たちが毎日の洗顔できちんと洗い流さなければなりません。
正しい洗顔ができないと排泄物が溜まってしまいます。
 
顔ダニ自体がとても小さい存在です。きめの細かい泡をしっかり立てて洗顔しましょう。勘違いしやすいですが、洗顔をしたからといって顔ダニが消滅するわけではありません。
一回の洗顔で多くて30%ぐらいしか退治できません。
 
寝る前の洗顔がきちんとできていなかったり、洗顔料が肌に残っていたりすると顔ダニが繁殖します。
顔ダニの大量繁殖は、ニキビをつくる原因なので、気をつけましょう。
 
顔ダニの特徴の一つに夜行性の生き物であるということがあります。寝ている間に皮膚に残った餌を食べて繁殖するのです。
大量繁殖すると、その分排泄物なども増え、ニキビのできやすい状態が揃います。ニキビケアとして、きちんと洗顔をして顔ダニの大量繁殖は防ぐようにしましょう。
 




キーワード


1件のコメント »


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。